上手なMAツールの選び方

チャネルや連携はどうなっている?

企業や提供しているサービスによってターゲットが異なり、ターゲッティングを間違えると売上に大きく影響します。

顧客へのアプローチをする方法は複数あり、そのアプローチ方法や手段をチャネルと呼びます。このチャネルの豊富さがMAツール導入の際に確認するポイントとなります。WEBサイトやメルマガ・SNSと多くのチャネルに対応しているのか。自社のサービスにあったチャネルなのか見極めて下さい。

MAツールだけでは無く、自社ツールと併用して解析している会社もありますがそのシステムとの連携は問題ありませんか?うまく連携が出来ないと解析に時間がかかってしまう。あるいは正確な解析が出来ないので見込み客を逃してしまう恐れもあります。

サポート体制や導入費用をチェック

湯水の様に資金があるのであれば悩む必要はありません。しかし現実はそうはいかずMAツール導入の予算は限られています。

いくら高性能でもランニングコストが高いと運用を続ける事は出来ません。初期費用と合わせて導入時に必ずチェックして下さい。ちなみにMAツールを導入するのは良いですが、それと使いこなせる人材は確保していますか?そしてその人材に支払う人件費は算出していますか?マーケティングのスケジューリングと合わせて、事前に組み込んでおくと失敗はありません。

MAツールは外国で開発されたものも多いので、日本語サポートしているかも選び方のポイントになります。メール・電話・アプリなどサポートの手段もチェックしておきましょう。


この
記事を
シェア

TOPへ