MAツールの選び方を見極めよう!

マーケティングオートメーションツールの基礎知識

マーケティングの種類を知る

ビジネス関連の話題になるとMA、MAツールという言葉を聴く様になりますが、このサービスを熟知し説明出来る方は多くありません。 導入すると業務効率が上がる。または分析がしやすくなるといわれていますが、どんなサービスなのか。メリット・デメリットにも触れています。

そもそもMAってどんなサービス?

自社製品の売上アップの為。またはターゲットがどんな製品・サービスを求めているのかを知る為に行われるマーケティングにはいくつか種類があります。全てのユーザーに対して同じ手法を使うマスマーケティングは、テレビや新聞など人の目に着きやすいところで行われています。基本的なマーケティングで高度経済成長期の日本ではこのマスマーケティングをうまく使って、日用品などの売上に貢献しました。

しかし近年では消費者のニーズが多様化しているので、マスマーケティングは行われなくなりました。その周りチャットやSNSを使って顧客と企業が直接やり取りをするダイレクトマーケティングが、一般的になっています。但しダイレクトマーケティングは、ユーザーのニーズに合わせたマーケティングなので入念な分析が必要です。

企業にとって分析した情報は財産に等しく、アウトバウンドマーケティングにも流用出来る大切なデータです。このマーケティングは企業の分析結果からみた見込み客へ積極的にサービスを売り込んでいくスタイルです。電話・メール・DMなどで行うのがポピュラーな方法です。

インバウンドマーケティングは見込み客へ売り込むのではなく、あえて情報だけを提供する方法です。ターゲットへ情報を届ける事で購買意欲が高まり、自ら進んでサービスを得ようとする方法です。これらをうまく活用していく事でコンスタントな売上を確保出来るのがマーケティングの最大のメリットです。

MAツールで出来る事・出来ない事

海外に比べるとMAツールの導入はまだ微々たるものですが、少しずつ浸透してきています。MAツールを導入する事で何が変わるのでしょうか。 一般的な機能紹介はもちろんですが、支持を得ているMAツールの機能を公開し、本当に自社に必要なのかを判断して下さい。

上手なMAツールの選び方

数があるだけでは無く、中にはクセが強いツールもあり選び方が難しいといわれるMAツール。これらの選び方やポイントを公開しています。 価格やデザインにこだわるのも良いですが、サポート体制の充実度やどんな企業が使っているMAツールなのかも重要なポイントです。

TOPへ